スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Website移転について

この度、新しいWebsiteを開設しました。

順次コンテンツを移転する予定です。


スポンサーサイト

Chicago Boothの授業

Class of 2016のYHです。今日は、私が昨年履修した授業のうち、幾つかをご紹介します。

Chicago Boothは必修授業が1年目秋学期のLEAD(リーダーシップ・プログラム)のみで、履修条件(Prerequisite)を満たしていれば、どの授業やLAB(今回の投稿では紹介していません。詳しくはこちら)をいつ履修することも可能です。卒業要件やConcentrationの認定などの詳細はChicago Boothのウェブサイトをご参照ください。

Marketing Strategy
市場規模の推計、商品設計(ポジショニング)、価格設定、宣伝、流通からなる一連のマーケティング手法を学ぶ基礎コースです。様々な企業のケースをもとに定性的・定量的データを分析したり、合理的ではない(?)消費者行動を行動経済学を用いて検証したり、インターネットを用いたマーケティング手法の注意点を学んだりします。

Operations Management
オペレーション管理に関する基礎コースです。需要や在庫供給の変動を踏まえた資源(在庫、人員、機械)の最適配分、サプライチェーン契約などについて学びます。学期末には、架空の工場を経営する数日がかりのシミュレーション・ゲームを行って、チームごとに利益を競います。

Investments / Corporation Finance
投資理論・価格理論と企業金融の基礎コースです。授業はよくオーガナイズされており、金融関連のバックグランドをもつ学生の中にも、実務の中で何となく理解していた理論を今一度学びたい、ということで履修する人もいます。Investmentsでは、ポートフォリオ・マネジメントや金融商品(株式、債券、デリバティブ)の価格理論を学びます。Corporation Financeでは、企業やプロジェクトのValuation手法(APVとWACC)を学び、ケースを使って実践演習をします。

Financial Statement Analysis
株式分析のコースです。Valuationの手法や留意点を学ぶだけではなく、様々な企業の公表資料をもとに、経営・財務戦略や報酬インセンティブ、財務の健全性、会計操作の可能性などを分析します。Final group projectでは、一つの企業(私はTeslaでした)のアナリストレポートを作成・発表します。

Financial Markets and Institutions
銀行取付のメカニズムをゲーム理論により示した著名な経済学者、Prof. Diamondによる、資本市場のメカニズムや諸問題に関する授業です。他の授業に比べてアカデミック色が濃く、Restructuringをはじめ金融業界や中央銀行で働く学生に人気の授業です。授業では、経営者と投資家の間のエージェンシー問題、事業再生における債権者のフリーライダー問題をはじめ、LTCMの破綻や2008年前後の金融危機など、資金を借りている企業が突然、資金繰りに窮する事例について、そのメカニズムを学びます。

The Firm and the Non-Market Environment
企業と政治・行政・社会の関わり方について議論する授業です。企業が"Non-Market Environment"で直面する諸問題(規制・制度変更、アンチトラスト、知財保護、商品品質問題、社会・環境問題など)について、政治経済学の観点から問題の分析手法を学び、様々な企業のケースをもとに、経営者としてどう問題に対処すればよいのか考えます。

Chicago Boothらしいと思うのは、どの授業もAnalyticな観点が充実していることです。レクチャー/ケース・ディスカッションの割合は、レクチャー重視の授業から、半々に分かれているもの、教授がディスカッションを巧みにハンドリングし、Take awayまで持っていく授業まで、まちまちです。また、課題準備の負担も、週2時間程度~20時間以上かかるものまで様々です。Academic Advisorや、先に履修した友人、2年生などにアドバイスをもらい、各自のリクルーティングの負担を考えながら、履修する授業を組み合わせていきます。

質問などあれば、本ブログの問い合わせフォームから、お気軽にご連絡ください。

アドミッション関連のイベント

Class of 2016のYHです。日本はそろそろ花火の季節でしょうか。

Chicago Boothの春学期を6月に終えて、2年生は卒業し、1年生はインターンシップのため世界各地へ旅立っていきました。過去のブログ記事で先輩方が詳しく書いている通り、沢山のことを経験し学んだ一年でした。LEADに始まりInterpersonal skillsを向上させる様々なアクティビティ、名だたる教授陣が、題材にもディスカッションの進め方にも工夫を凝らしたクラス(私は仕事が金融関連なのでFinanceを多めに取っています)、40名超のBooth生・パートナーを率いて日本各地を巡るJapan Tripなどなど。


さて、今回はAdmissionによるイベントのご紹介です。

今月20日に大手町サンケイプラザにて12th Annual AGOS Top MBA Alumni Fair、8月27日にヒルトン東京にてThe MBA Tour - Tokyo MBA Conferenceが開かれます。前者は本校卒業生、後者はAdmission staffが皆さんの質問に答えます。

今年出願を予定している方はもちろん、来年以降にMBAを目指す方も、奮ってご参加下さい。参加登録はこちらからどうぞ。


また、秋以降になりますが、Campus visitも、Boothについてより深く知ることのできる良い機会です。

私自身も2月末、3rd roundで出願する前にCampus visit programに参加し、様々な在校生と話したり授業を聴講したりしたことで、Chicago Boothの良さを実感しました。この一年間はボランティアスタッフとして、本プログラムの参加者に、私自身のBoothでの経験をお話ししてきました。

なお、日本からの学生との面会を希望される方は、本ブログの問い合わせフォームからご連絡下さい。

それでは、良い夏をお過ごしください!

Follies

2年生のOです。

毎年行われるFolliesという行事でChicago Boothコミュニティの雰囲気をよく捉えたビデオを同級生が作成しましたので、当校へのアプライを検討されている方は是非Youtubeでご覧になってください。

ビデオのタイトルどおり、MBAでの2年間というのはそれまでの人生の中で最高に充実した日々になるはずです。アプライ前はどうやってファイナンスするか、自分の人生にとってどんな意味を持つ経験になるか悩み、アプリケーションの準備中はスコアメイク、エッセーの書き方、インタビュー対策で苦労し、合格後は渡米準備に翻弄、入学したら文化の違いや言葉の壁で不安やもどかしさを感じることでしょう。

そういう障害を乗り越えた先には知的好奇心を刺激してくれる教授、新しいことに挑戦してリーダーシップを発揮する機会、学校生活が円滑に過ごせるように様々なサポートをしてくれるスタッフ、そして何より一緒に人生の波を乗り越えていく生涯の友との邂逅が待っています。自分の心に正直にかつ冷静な分析と判断で人生の進路を決めて行ってください。

ご質問等ございましたら、いつでも当ブログのフォームよりご相談ください。

First Day (旧Admit Weekend)

2年生の Oです。

いよいよ卒業まで残りわずかとなりました。

自分のMBAライフを時系列どおりに振り返ると印象に残っている最初のイベントがAdmit Weekend 2です。Chicago BoothにRound 1かRound 2で合格するとFirst Day(今年度Admit Weekendから名称変更)というイベントに呼ばれます。イベントについては公式ウェブサイトに情報が掲載されていますので、そちらをご参照ください。このイベントの参加をきっかけに迷っていたもう1校を断り、Chicago Boothに進学することを決めました。

進学したら同級生になる仲間や相談に快く乗ってくれた先輩方との出会い、授業のデモンストレーションに加えRandom Walk FairやHousing Tour等、シカゴでの生活を思い描く上で有用な情報を提供してくれるイベントが充実していて、Boothコミュニティに非常にポジティブな印象を覚えた記憶があります。

MBAプログラムへの入学を目指してがんばっている皆様、合格されたら是非ともFirst Dayにご参加ください。 Chicagoでの生活を立ち上げる上で貴重な情報とネットワークが得られます。

最近特に Chicago Boothはソーシャル・メディアをとおして情報発信していますので、以前に比べ公式情報で学校について多様かつ豊富な情報が得られます。公式情報では見つからず、日本人在校生に直接聞きたいことがございましたら当ブログの問い合わせフォームやコメント欄を使ってどうぞ質問してください。

皆様からの問い合わせをお待ちしております。
プロフィール

Chicago Booth 日本人在校生一同

Author:Chicago Booth 日本人在校生一同
The University of Chicago Booth School of Business (Chicago Booth)MBAプログラムの日本人在校生によるブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
Chicago Boothの日本人在校生との面会をご希望の方は、こちらのフォームからお申込みください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。