スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chicago Boothの授業

Class of 2016のYHです。今日は、私が昨年履修した授業のうち、幾つかをご紹介します。

Chicago Boothは必修授業が1年目秋学期のLEAD(リーダーシップ・プログラム)のみで、履修条件(Prerequisite)を満たしていれば、どの授業やLAB(今回の投稿では紹介していません。詳しくはこちら)をいつ履修することも可能です。卒業要件やConcentrationの認定などの詳細はChicago Boothのウェブサイトをご参照ください。

Marketing Strategy
市場規模の推計、商品設計(ポジショニング)、価格設定、宣伝、流通からなる一連のマーケティング手法を学ぶ基礎コースです。様々な企業のケースをもとに定性的・定量的データを分析したり、合理的ではない(?)消費者行動を行動経済学を用いて検証したり、インターネットを用いたマーケティング手法の注意点を学んだりします。

Operations Management
オペレーション管理に関する基礎コースです。需要や在庫供給の変動を踏まえた資源(在庫、人員、機械)の最適配分、サプライチェーン契約などについて学びます。学期末には、架空の工場を経営する数日がかりのシミュレーション・ゲームを行って、チームごとに利益を競います。

Investments / Corporation Finance
投資理論・価格理論と企業金融の基礎コースです。授業はよくオーガナイズされており、金融関連のバックグランドをもつ学生の中にも、実務の中で何となく理解していた理論を今一度学びたい、ということで履修する人もいます。Investmentsでは、ポートフォリオ・マネジメントや金融商品(株式、債券、デリバティブ)の価格理論を学びます。Corporation Financeでは、企業やプロジェクトのValuation手法(APVとWACC)を学び、ケースを使って実践演習をします。

Financial Statement Analysis
株式分析のコースです。Valuationの手法や留意点を学ぶだけではなく、様々な企業の公表資料をもとに、経営・財務戦略や報酬インセンティブ、財務の健全性、会計操作の可能性などを分析します。Final group projectでは、一つの企業(私はTeslaでした)のアナリストレポートを作成・発表します。

Financial Markets and Institutions
銀行取付のメカニズムをゲーム理論により示した著名な経済学者、Prof. Diamondによる、資本市場のメカニズムや諸問題に関する授業です。他の授業に比べてアカデミック色が濃く、Restructuringをはじめ金融業界や中央銀行で働く学生に人気の授業です。授業では、経営者と投資家の間のエージェンシー問題、事業再生における債権者のフリーライダー問題をはじめ、LTCMの破綻や2008年前後の金融危機など、資金を借りている企業が突然、資金繰りに窮する事例について、そのメカニズムを学びます。

The Firm and the Non-Market Environment
企業と政治・行政・社会の関わり方について議論する授業です。企業が"Non-Market Environment"で直面する諸問題(規制・制度変更、アンチトラスト、知財保護、商品品質問題、社会・環境問題など)について、政治経済学の観点から問題の分析手法を学び、様々な企業のケースをもとに、経営者としてどう問題に対処すればよいのか考えます。

Chicago Boothらしいと思うのは、どの授業もAnalyticな観点が充実していることです。レクチャー/ケース・ディスカッションの割合は、レクチャー重視の授業から、半々に分かれているもの、教授がディスカッションを巧みにハンドリングし、Take awayまで持っていく授業まで、まちまちです。また、課題準備の負担も、週2時間程度~20時間以上かかるものまで様々です。Academic Advisorや、先に履修した友人、2年生などにアドバイスをもらい、各自のリクルーティングの負担を考えながら、履修する授業を組み合わせていきます。

質問などあれば、本ブログの問い合わせフォームから、お気軽にご連絡ください。
スポンサーサイト

秋学期振り返り【1/6終了】

はじめまして、Class of 2016のMKです。

タイトルにあるとおり、最初の1年生の秋学期が終了したということもあり、ようやくですがその振り返りということで記事を執筆するに至った次第です。

他校と比べて開始が遅かったこともあり、9月からオリエンテーションが始まった頃は他校の友達の様子をFacebook等で覗きながら「みんな大変そうだな~」と感じでいましたが、いざ学期が開始するとあっという間に過ぎ去ってしまったというのが正直な印象です。実際には、オリエンテーションの前にランダム・ウォークというクラスメート15名程度との旅行イベントがBooth生活のスタートであったわけですが、よくある話として英語や米国カルチャーへの理解が全く追いついていないことに大きな衝撃を受けたのはいい思い出です。ただ、ここで出会ったメンツとは定期的にランチやパーティーをしたり仲良くしているので今後もこの関係が続けばと思っています。

さて、秋学期は下記の3つの授業を取りました。自分はエンジニアリングのバックグラウンドということもあり、かなりオーソドックスなカリキュラムの構成となっています。

【Microeconomics】
ミクロ経済学。市場とは何ぞやという、本当に基礎の基礎からスタートし、必要トンされ鵜分野をひとしきりカバーしました。ここで学んだ考え方を現実世界に対しどう適用していくのかといったことを今後の講義で扱っていくと思うので、そのような意味でも良い土台になったのではないかと思います。

【Financial Accounting】
会計の基礎コースです。会計バックグラウンドがない私にとってはちょうどよい感じで会計の基礎を身につけられたという印象です。一通り授業を受ければ財務諸表がそれなりに読めるレベルまで達したかとは思うのですが、今後はこれを実際に使えるレベルまで昇華できるようにしたいところです。

【Advanced Regression Analysis】
統計にまつわる授業。よりベーシックのBasic Statisticsもあったのですが、日本の学生時代に多少勉強していたことかつR(プログラミング言語)を触っていたこともあり、一つ上のコースを選択しました。回帰分析を中心に、各講義で学ぶ手法を用いて課題をゴリゴリ解いていくという形で最初の方はかなり時間を消費し先が危ぶまれましたがなんとか終えた感じです。

なお、いずれの授業でもスタディグループを組んで、課題やレポート作成に取り組みます。他MBAプログラムにあるようなある期間固定されたグループではないので、その分色々な学生と触れ合うことができる一方で、めちゃくちゃ深い付き合いになるかというとグループ次第なところもあるかと思います。気づいたこととしては、準備さえすればたどたどしい英語であってもある程度の貢献はできることでしょうか(特に、数字が絡むような部分)。普通に仕事をすることを想定すれば準備の必要性は当然といえば当然ですが、今後はいかに準備を要領よくこなしていけるか、また、グループをリードするという点についてもまだまだなので、ここらへんは今後意識していきたいところです。

最後に、今学期は新たな生活の始まりということもあり、多くの刺激や楽しい思い出があった一方で反省すべき点もあったので、そこは次学期に活かしたいと思います。今回は授業を中心に記しましたが、今後別のネタも提供できるよう機会を見つけて記事を投稿していきたいと思います。

アラムナイの皆様へ

2年生(Class of 2015)のOです。

アラムナイの皆様にはすでに情報が届いていると思いますが、
The University of Chicago Campaign: Inquiry & Impactについて以下のリンク先に詳細が載っています。

http://www.chicagobooth.edu/alumni/giving

Movie clipではKaplan教授やダウンタウンとハイドパークのキャンパスが出ていますので、
是非ご覧になってください。

2年間を振り返って〜Boothの良さ

Chicago.png

2年生のAです。時の流れは早いもので、もう卒業の季節になってしまいました。ビザと米国滞在書類を手に、はじめてシカゴの空港に降り立ったのがつい昨日のことのようです。今では、シカゴのダウンタウン、学校のあるハイドパーク、空の玄関オヘア空港、いずれも家のように馴染んでいます。

MBAでの私個人としての学びについては、私のブログのこちらの記事こちらの記事に書いたので、関心のある方はご覧になって下さい。

この投稿では、先日の投稿でも触れたシカゴMBAの特徴について、最後にまとめてみたいと思います。

2年間を経て、シカゴの特徴をできるだけ簡潔に表現しようとすると、次のようになるのかなと思うようになりました。

カルチャー:Flexibility × Collaboration × Contribution
学びのスタイル:Discipline-based Approach to Business Education × Rigorous Quantitative Culture

まず、カルチャーですが、シカゴは自由な学校なので(詳細はこれまでの多くの先人の投稿をご覧下さい)、何か目標を掲げて主体性を持って自律的に取り組む人に向いた学校です。目標は、キャリアゴールでも、アカデミックなものでも、ネットワークを広げたいでも何でも良いのですが、とにかく目標が必要です。逆に言うと、何となくMBAに来て、まずは学校が用意してくれたプログラムの流れに身を委ねて、という人には向きません。それに加えて、「オレがオレが」ではなく、協調的に学校というコミュニティに貢献することが求められます。貢献もこれまた何でもよく、キャリアクラブのリーダーでも、パーティの企画でも、グループワークでの存在感でも何でもいいのですが、とにかく「私は私は」はダメ。まわりをみわたしても不親切な人というのを私は知らず、また私もまわりに困っている人がいれば出来るだけ協力するようにしてきました。

シカゴの学びのスタイルも特徴が明確で、シカゴは研究と理論の重要性を重んじ、それらをいかにプラクティカルな実務に役立つように応用できるかを考えて授業を練り上げている学校です。また、データを与えられて地味な分析とレポート作成を求められることもよくあります。ある友人が冗談で「この学校は、『どう議論するか』ではなく『どう分析するか』を学ぶ学校だから、仕事の世界でこれがどう働くか見てみよう」と言っていましたが(笑)、的を得た冗談だと思います。もちろん、Collaborationに重きをおくシカゴはリーダーシップやコミュニケーションの教育にも力を入れており、例えば私が最終学期に履修しているData Miningという統計の授業では、大量のデータを統計ソフトでプログラムを書いて分析するという渋い内容にも関わらず、週に平均して4時間はグループのメンバーとレポートを書くために打ち合わせをし、その後もメール交換をしてレポートを仕上げています(ソフトスキルを鍛えることに特化したカリキュラムや課外活動ももちろん多くあるので、それらについてはこれまでの投稿をご覧下さい)。シカゴはリーダーシップやコミュニケーションスキルを鍛える機会も豊富に提供してくれますが、とはいえ授業にアカデミックな雰囲気と計量重視の雰囲気もあり、これらが全くピンと来ないとちょっとツラいですよ、という話です。

Flexibility、Collaboration、Contribution、Discipline-based approach、Rigorous Quantitative Cultureと5つ特徴をあげましたが、これらすべてについて100%フィットしている必要はないと思います。ただ、これらのどれにもひっかからないとシカゴは合わないと思いますし、フィットすればするほどシカゴを満喫できることも確かです。私の場合、受験時にはFlexibilityの重要性には実はそれほど気づいていなかったのですが、入学後にはその意味がよくわかり、また自分には合っていると感じました。はっきりとは示しませんでしたが、入学時の審査でもFlexibilityを使いこなせそうかは見られていたのだと思います。

最後に、シカゴに対してはそのFlexibilityから「個人主義的で冷たい学校なのではないか」という誤解がよくあります。私も日本にいた時はそのような偏見を正直なところ持っていたのですが、最近はあるビジターの方に個人主義に関する質問をされるまですっかり忘れていました(笑)。特徴で述べた通り、シカゴはCollaborationとContributionを重視し「オレがオレが」はダメな学校ですので、生徒は親切な人ばかりで、個人主義で冷たいという見方は的外れです。これは、是非学校を訪問し、授業を見学して、感じて下さい。

シカゴはトップ校のひとつですが、学校としては時間をかけてさらなる高みを目指しています。シカゴは、自由な発想で何かを追求したい人のための学校です。シカゴの魅力を理解し、学校の歴史とブランドを作って下さる方が、多く入学してくださることを強く願っています。

2年間、お世話になりました。また、どこかでお会いしましょう。

MBAの価値(1年目を振り返って)

1年生のAです。早いもので、昨年の9月にオリエンテーションプログラムが始まってから9ヶ月が経ち、シカゴでのMBA1年目も終わりに近づきつつあります。入学当初の秋学期に比べて、冬学期と春学期は時間の経過を早く感じ、ああもう終わりかという感じです(2年生によると2年目は時間の流れがさらに早く、夏休みが終わると次の9ヶ月はあっと言う間だそうです)。

さて、春学期が終わると夏休みは長期でシカゴを離れブログが書けなくなるため、今回は少し早いですが1年間を経て今私が感じているMBAの価値について書いてみたいと思います。

1. ブランドを得てとネットワークを作る
ある授業で先生が「あなたはMBAに何のために来ましたか?」と聞いた時、最初に挙手した生徒の答えは「ネットワーク!」でした(その後、先生から「授業でしょ!」とつっこみあり)。しかし、MBAはキャリアアップ(同業界内でのランクアップか転職)のためのプロフェッショナルスクールであり、学校のブランドを得ることで世界で活躍する多様な卒業生や多くのグローバル企業、プロフェッショナルファームへのリクルーティングの切符を手に入れることに大きな価値があるのは間違いありません。この記事を書いている今日も、私は数年前のBoothの卒業生でEducation Technologyの分野で起業をしたファウンダーと少人数でディスカッションをするプログラムに参加してきたところで、このような機会はMBAに在籍しているからこそ得られるものです。また、アメリカは「学校」というコミュニティを大切にするため、卒業後も世界に散って行く同級生や卒業生とのつながりができます。学校としては「いやいや授業にもの凄く価値があってあなたの人生を変えるトランスフォームなんだ」と言いたいと思いますが、おそらく特に多くのアメリカ人にとっては学校のブランドとネットワーキングこそがMBAの最大のバリューだと思います。

2. 自分のキャリアゴールを達成するためにアカデミックにストレッチする
ネットワークにMBAが大きな比重を置いていて一部の学生はリクルーティングさえうまく行けばパーティー三昧なのも確かですか(笑)、もちろん授業もMBAとして大きな価値があります。これは、2年間を使って何を達成したいか、人によると思います。

例えば、私は投資銀行出身ですが、MBAでコーポレート・ファイナンスに関する授業を一通り真面目に受ければ、投資銀行のアナリストレベルの知識を身につけて、卒業後にアソシエイトとして働く基礎体力を得ることは可能だと思います。ですので、投資銀行業界に転職したい人がトレーニングとしてMBAの授業を使う、これはひとつの活用法です。コンサルティングやマーケティングなど、他の職種についても同じことが言えるでしょう。

また、例えばヘッジファンドで働きたい場合は、Boothでは先端のファイナンス理論を徹底して体得させてくれる(とても厳しい)授業がいくつかあります。先端の教授達の弟子になり、このように、もともと自分が経験のある分野で突き抜けるためにMBAを使うことも可能だと思います(これはフレキシブルなBooth特有の側面がもしかしたらあるかもしれません)。

もう少しジェネラルに言うと、MBAの授業の価値は、一通り引き出しができること、そして様々な国籍、性格の学生の意見を追体験できることにあると思います。

戦略、オペレーション、ファイナンス、マーケティング、統計などを一通り、レポートを書き、ディスカッションして学んでいくと、実際にビジネスの現場で問題にぶつかった時に、何かしらのとっかかりが自分の中にある状態になっていると思います。とっかかりがあればそこから深めて行けるが、何も知らないと深めて行くのは難しい、そういう意味で一通りの引き出しを作ることは広く浅く学ぶことの意義と言えるでしょう。

もう一つの様々な学生の意見を追体験できること、これは忘れてはならないバリューだと思います。今学期、私は交渉の授業をとっており、授業中に学生はグループに分かれて必ず交渉のシミュレーションをするのですが、自分がしたのと同じ交渉を他のグループがどのように感じ、進めていったかを議論するのはとても勉強になります。様々な学生とともにクラブ活動などをして見えてくるのとはまた違う、ビジネスに近い文脈でクラスメイトの考え方を追体験できるのは非常に興味深く、将来様々な国籍の人と働く時に相手の考えていることを想像するヒントとして多いに役立つと思います(特に、ラテン系の人々の交渉術や対人感覚には驚かされます)。

3. 学んだことを実戦で試してみる
長くなってきたので以後は駆け足で。話を聞いたり、授業を受けたりするだでは飽き足らず、自分が関心のある分野にリスクフリーで挑戦できるのもMBAの良さでしょう。私は1年目をこの分野にはあまり使わず、2年生時に集中的に取り組む考えですが、シカゴの企業やシカゴに進出してくる企業へのコンサルティング、ベンチャーキャピタルで授業としてパートタイムインターン、New Venture Challengeでハンズオンで指導を受けながらビジネスプランコンペ、NPOやパブリックスクールへのコンサルティング、テクノロジー分野でのコンペなど、この手の機会には事欠きません。これらは学生にとってはトレーニングでもあり、受入先等と深くネットワークを張る機会でもあり、自分がその分野や仕事に興味を感じるかを試す機会でもあります。

4. ソフトスキルを鍛える、グローバルな同級生から学ぶ
今では(苦労はまだあるものの)だいぶ慣れましたが、グローバルな同級生とのコミュニケーションやディスカッションはそれ自体が本当にカルチャーショックでした。特に、ランダムウォークに参加した時、他は全員がアメリカ人の中で唯一の英語がいまいちな日本人としての苦労と言ったら、、。今でも当時トリップリーダーとして親切にしてくれた2年生のアメリカ人達には頭が上がらないわけですが、そんなことから始まってインド人、中国人、韓国人、シンガポール人、メキシコ人、イスラエル人、(標準的な日本人よりもずっと!)真面目な人、本当に適当な人など、全く書き尽くせませんが彼らとのコミュニケーションは日々勉強です。彼らと、利害関係のある仕事ではなくて、対等な学生としての立場で本音で付き合える、これは間違いなく大きな財産です。

5. 自分を見つめ直す
さて、これらすべてをひっくるめて、MBAには自分探しとしての価値が大きくあると思います。30歳のおっさんが自分探しとは笑わせる感じですが、仕事を離れて利害なく自分で選択ができる機会というのはもの凄く貴重です。自分がこれから10年20年で何を成し遂げたいか明確ならばよいですが、そうでないならば、様々なスピーカーイベントに足を運び、友人達と話をし、授業の準備をし、様々なプロジェクトにチャレンジする中で、自分が本当に関心のあること、自分に向いていることが少しずつ見えてくるのではないかと思います。社会人経験を経た上で、もう一度自分のことを見つめ、同じように進路について悩む友人と語り合う、人によってはこれがMBAの一番の意義かもしれません。(私見ですが、30代、40代でやりたいことが100%明確で、やりたいエリアで今バリバリに働けている人は、MBAに来る必要はあまりないと思います。もちろん、プロフェッショナルファームで昇進のためにMBAが必須という話なら別ですが)

まとめ
いろいろと書いてみましたが、こちらに来て実際にMBAを体験するまでは、「英語で議論ができるようになって、経営に関する知識を授業で学んで、MBA後は過去のキャリアに英語を組み合わせて日本で○○ができたらいいかな」ぐらいにしか考えていませんでした(エッセーにはもう少しカッコよく書きましたけれども)。しかし、今見返してみると、日本にいる時にMBAでやりたいと書いた内容は、MBAのリソースのほんの一部にしか触れておらず、恥ずかしいです。これから受験される方は、自分の志望校(もちろん、Boothも!)の方にしっかりとヒアリングし、これまでの自分の経験とMBAのリソースをレバレッジして、自分が実際にやっているところが目に浮かんで見えるような大きな志をエッセーに書くことをお勧めしたいと思います。また、BoothでのMBAの実際を知っていただくために、私たちはホームページとブログを作り、キャンパスビジットにも積極的に対応させていただいています。Boothを訪れる方は、ぜひ当ブログの連絡欄からご連絡下さい。シカゴでお会いするのを楽しみにしています。

それでは、皆さん良い夏をお過ごし下さい!また秋が近づいてきたらお会いしましょう。

テーマ : MBA
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Chicago Booth 日本人在校生一同

Author:Chicago Booth 日本人在校生一同
The University of Chicago Booth School of Business (Chicago Booth)MBAプログラムの日本人在校生によるブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
Chicago Boothの日本人在校生との面会をご希望の方は、こちらのフォームからお申込みください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。