スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シカゴのクラシック音楽

1年生のAです。今日はシカゴのクラシック音楽について書きたいと思います。

私はクラシック音楽が好きで、ビジネススクールを選ぶ際の基準にも「クラシックを楽しむことができる都会であること」という条件を入れており(笑)、シカゴはこの点で大変魅力的な街だと思います。

まず、Chicago Symphony Orchestra(CSO)。言わずと知れた一流のオーケストラで、現在の音楽監督はイタリアの名匠Riccardo Mutiです。Mutiの演奏にはこれまで二回トライしたのですが、残念なことに一回目はCSOの楽団員によるストライキで演奏中止(!)、二回目はMutiがインフルエンザにかかって指揮者が交代となり、まだ一度も演奏を聞く事ができていません。春学期にはモーツァルトやベートーベンなど魅力的なプログラムでMutiによる多くの演奏が予定されているので、今度こそと密かに闘志を燃やしています。もちろん、その他の指揮者によるこれまでの演奏もどれも素晴らしいものでした。これらの演奏が学生券だと10ドルで買え、さらに夏にはミレニアムパークでフリーコンサートもあり、何とも贅沢な話です(東京でCSOのツアーをそれなりの席で聞こうと思ったら、一万円はくだりません)。

それから、Lyric Opera of Chicago。米国三大オペラ劇場のひとつです。オペラ好きの私から見ると、さすがにメトロポリタンオペラを擁するニューヨークには劣ってしまいますが、十分に良い歌手が舞台にのっています。期末試験の直前ではあるものの、来週見に行こうと思っているのはソプラノAnna Netrebko主演のボエームです。Netrebkoは現代を代表するオペラ歌手のひとりで、彼女が出演する舞台を東京でそれなりの席で見ようと思ったらこれまた2、3万円は固いでしょうから、それが数十ドルで見られるのは本当に素晴らしいですね。

こちらはまだ見に行っていないのですが、シカゴには多くのミュージカル劇場もあります。演劇業界に関わっていた同級生によると、シカゴのミュージカル業界はニューヨークに比べて牧歌的であるとか。ニューヨークの演劇界は役者間だけではなく劇場間でも競争が激しく、お互いに潰しあうようなことも平然とあるらしいのですが、シカゴでは同じ演目を複数の劇場が同じ時期に持ち回りでやって、「今回当劇場で上演した演目は来月○○劇場でもやるので是非見に来て下さい」と劇場間で営業協力をしたりもするそうです。そんなところにも、シカゴの平和な空気が反映されているような気がしますね。

これだけ音楽が充実しているアメリカの街は、私見ではニューヨークとシカゴが筆頭だと思います。もしもあなたがクラシック好きなら、シカゴがフィットする理由としてクラシック音楽の充実をエッセーであげるのも良いと思いますよ!
スポンサーサイト

ダウンタウンへ引っ越し

 遅くなってしまいましたが明けましておめでとうございます。1年生のHMです。

 新年明けてすぐ雪が降る寒さになったかと思うと、ちょっと温かくもなりシカゴの冬もそんなでも無いかと一瞬思ったら、またマイナス10度の日々が訪れました。これぞシカゴです。
 シカゴの冬学期は1月3日からで、その日から授業も始まりました。日本の感覚で1月3日まではノンビリとしたいなーなんて思っていた私には慌ただしい年始に感じます。

 さて、前置きはこの辺にして、私自身、年末に引っ越しをしたりということもあったので、その辺について。ちなみに私は一人で来ているので、モノも大した量は無く、すべて友達の好意で引っ越しを無事完了しました。
 こちらに来てのはじめの3~4カ月、秋学期は大学の近く、Hyde Parkと呼ばれる地域に住んでいたのですが、ダウンタウンの中心に12月に引っ越しました。イメージとしてHyde Parkからだと大学まで歩いて10分、ダウンタウンから大学までだと、電車を使って30分程度です。以下簡単に比較したいと思います。

家賃
 分かりやすく説明するために東京と比較しようと思うのですが、単純に比較できないところがあります。というのも、私が東京にいた時は便利な場所であれば、部屋は狭くても気にせず、まさに「一人暮らし用」のところに住んでいたのですが、こっちは基本的にそういった部屋は無く、どこもそれなりに広い部屋です。ですが、ダウンタウンの中心の高層マンションで十分な広さと設備の良さなどを考えれば、東京の中心よりもシカゴのダウンタウンは3割程度割安なのかな、という印象です。円高なのでもっと割安感はあるかもしれません。さらに、Hyde Parkはシカゴダウンタウンに比べて2割程度安いという印象です。私の場合、韓国出身の学生とルームシェアをしているので、そういったやり方だとダウンタウンでも結構リーズナブルだな、と思いますね。

利便性
 大学の午前の授業は朝8時半からなので、朝の授業に出る時はHyde Parkってなんて便利なんだ、と実感します。何よりもこれは大きなメリット。ただ、Boothの学生の多くは、恐らく7~8割がダウンタウンに住んでいると思います。そういった意味でなかなかみんな忙しく予定が合いにくい中study groupで集まろうと思うと、ダウンタウンで夜遅くからでもすぐ集まれたりするので便利だな、と思います。また、Gleacher CenterというBoothのキャンパス(主にPart-time, Weekend, Executive MBAの人たち用)がダウンタウンにもあり、昼出れなかった授業でも、夜、ここで同じ授業をやっていたりして出席できるので、そこに近いのも大きなメリットかと思います。
 生活面でも実はスーパーはHyde Parkよりダウンタウンの方が安かったりします。また夜遅くまでやっているので便利ですし、ちょっと小腹を空かせて何か食べに行こうと思った時もHyde Parkではお店があまり無いのでちょっと困ったりしました。まー、東京でコンビニをフル活用していた生活を忘れろ、ということでもあると思うのですが。

治安
 シカゴの治安は日本での一般的なイメージはあまり良くないかもしれませんが、ダウンタウンは全くそんなことは無いと思います。夜遅くでも街を歩いている人もいて、街は明るいですし、危ない話は全然聞きません。一方で、Hyde Parkは暗くなってから、特に夜10時くらいからは外を一人で出歩くのは控えた方が良いと言われます。実際、大学の近くで夜遅くに強盗に合う話はちょくちょく聞きます。財布だけでなく学生の持つパソコンやスマートフォンが狙われるようです。もちろん、大学のバスが夜は常に周回していて一人で歩いて夜遅くに移動しなくても大丈夫なようになっていたりと対策はされているのですが、治安はダウンタウンの方が断然良いかと思います。

こういったこと以外にも、例えば人によっては大都市ダウンタウンのナイトライフを楽しみたいと思ってダウンタウンに住むのも一つだと思います。人それぞれのプライオリティーがあると思うのでどっちが良いというのは無いと思いますが、私はダウンタウンに引っ越して良かったな、と思っています。

ということで、今回はこの辺で。

もうすぐ誕生

2年生のYSです。
先週まで真冬の寒さだったのに今日はいきなり28度を記録し、人々の服装も一気に夏モードになっています。

さて、我が家では妻の出産予定が近づいてきています。

アメリカではベイビーシャワーという行事を行う習慣があります。安定期に入ってから出産までの間に、基本女性限定で出産お祝いパーティーをするというものです。当然僕は参加できなかったのですが、私の妻のベイビーシャワーには日本人学生のパートナーの方々含め、多くのパートナーの人に参加してもらいました。学生も皆祝福してくれますし、シカゴのコミュニティーは本当にFamily friendlyだなと、皆さんに感謝の気持ちで一杯です。

尚、Boothの学生の多くは学校が提供する健康保険プログラムに入りますが、それは出産に関わる費用をきちんとカバーしてくれます。また子供を持つパートナーも多くいますので、情報には事欠きません。

私の妻はイスラエル人学生のパートナーが進めてくれた産婦人科に通っています。今後、昨年卒業された日本人学生のパートナーの方が出産されたNorthwestern大学の病院で出産を行って、ブラジル人学生のパートナーが勧めてくれた小児科医に産後のケアをお願いする予定です。

私の住んでいるマンションの目の前には芝生が広がり、そこにはペット用の公園と子供用の公園が入っています。今日は天気がとても暖かった事もあり、公園は子供で満員状態でした。更に数分歩けばグランドパークやミシガン湖畔の遊歩道などもあります。

というわけで、お子さんがいらっしゃる受験生の方にとっても、シカゴのコミュニティーそしてダウンタウンの住環境はとてもいいと思います。

トレックに行ってきました

2年生のKです。長い冬学期が終わり、ようやく春休みになったので、Emerging Market Groupの学生とブラジル・チリに行ってきました。去年も同じトレックで上海・香港・シンガポールとインフラ関係の投資家・事業者を巡ったのですが、今年はトレックを運営する側に回ったので、より多くのコミットメントを求められました。

チリ・ブラジルともに、東南アジアの国と比べて一人当たりGDPも多く、特にチリに関してはインフラの民営化・自由化が進んでおり、他の新興国の一歩先を行っています。また、ブラジルはコモディティ価格の上昇とマクロ経済の安定化のため、1990年代に滞っていたインフラ投資を一気に進めたいと考えており、オリンピックやワールドカップもその後押しになりそうです。

と、いうことで、公的な投資機関、PE、商業銀行等を中心とした約15社とのインタビューは非常に興味深いものになりました。Boothでの授業で学んだ理論やフレームワークをもとに、「生」の情報を紐解いていくと、過去2年間で如何に多くのことを授業の内外で学んできたかをあらためて感じることができます。

インタビューの他にも、同じキャリアを目指す友人たちと話し込んだり、サンパウロの日本人街のカラオケに行ったりと、非常に楽しい旅でした。

Small Leap

DSC00852.jpg

2年生のKAです。この冬、とうとうiPadを買ってしまいました。来年4月には新しいモデルが出るのでは、という友人の情報に少し躊躇しつつも、誘惑に勝てず、WiFi版を購入です。

私はこれまで、新しいelectric gadgetsについてはどちらかというとlate majorityで、iPodをはじめて手にしたのもアメリカに来る直前、iPhoneもChicagoで購入したのですが、3GSの在庫がないと分かるとあっさり3Gで手を打つほど、こだわりはありませんでした。当然iPadについてもまわりが盛り上がる中、「でっかいiPhoneだなー」という程度の思いしかなかったのですが、秋に受けた授業にすっかり感化され、「Tech難民」回避に向けてようやく動き出したわけです。

この授業は「Strategy Development」といって、すでにこのブログでも過去に紹介されていると思いますが、StrategyのKnez教授が教える人気授業のひとつです。当然Strategyのクラスなのでケースが中心となるのですが、この授業の特徴は電気自動車やe-book、smartphone等、最新のトピックを扱うことで、教授さえも知らない未来に向けて、企業はどのよう戦略をうつべきかをみんなで議論するところにあります。シナリオ分析やbusiness model innovationというフレームワークを活用し、例えばe-book市場に関する今後の動向をシナリオ分析し、既存の出版社はそれぞれのシナリオを基づいてどのような生き残り策をとるべきか、という課題をgroup member間や授業で議論する。古いケースと違って誰もが答えを知らないだけに、現実の戦略立案作業に近い環境を体験できるというのが売りになっています。

当然欠点もあります。教授さえも結果が見えていないため、クラスのディスカッションが拡散したり、過度にフレームワーク重視になったりで、教授も「試行錯誤の繰り返し」と言っていました。ただ、ある商品や市場の未来、今大きくなりつつあるunmet needsを分析し、それに対してどのようなvalue propositionで攻めるかを真剣に検討して議論していく過程は、これまでの授業にない主体性(=自分のビジネスとして考える)が強く求められることから、戦略立案の疑似体験という部分については成功しているのではと感じています。

ということで、ケースで扱ったsmartphoneやe-bookに関心を持った私はiPadを購入し、東京に帰ってからこれを使ってどのように自分の仕事を効率化できるか思いをめぐらしているわけですが、現状はテニスやアメフトゲームばっかりをやっているため、妻から冷たい視線を向けられる日々を送っています。何かいいiPadのアプリケーションがあればどなたか教えてください。



テーマ : iPad
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

Chicago Booth 日本人在校生一同

Author:Chicago Booth 日本人在校生一同
The University of Chicago Booth School of Business (Chicago Booth)MBAプログラムの日本人在校生によるブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
Chicago Boothの日本人在校生との面会をご希望の方は、こちらのフォームからお申込みください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。