スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Booth Japan Trip 2012 を終えて(1)

1年生のHMです。たった一週間のブレークを終え、春学期が始まりました。そして、その一週間のブレークはJapan Trip 2012にトリップリーダーの一人として参加してきました。以前Wさんもブログ(http://chicagoboothjapan.blog89.fc2.com/blog-entry-84.html)で触れましたが、今回はそれを終えて少し振り返ってみたいと思います。

終わった感想は、「楽しかったけど疲れたー、でも本当にやって良かったぁ」です。ありふれていますが、これに尽きます。また、特段トラブルもなく、すべてが順調でした。他のトリップリーダーの方々、参加者、Booth卒業生の旅行代理店、みんなに感謝です。ありがとうございました。また、何より、日本が大好き!とみんなが思ってTripを終えてくれたことは本当にやって良かった、と思います。将来出世するであろうビジネスマンの間に親日家が拡がったなんて考えると、長期的にもとても有意義な活動だと改めて思ったりもします。

さて、今回は参加者の上限を絞り、学生とパートナーで40人強が参加し、京都、広島、大阪(大阪と広島はどちらかのオプションで参加者が選ぶ)、箱根、東京を1週間で回りました。BoothのJapan TripはFunのみで、箱根ではイチゴ狩りが入るなど他のMBAスクールとはまた違ったものかと思います。しかし面白いことに、このイチゴ狩り、外人にはとても好評でした。旅行代理店曰く、毎年好評なようです。不思議ですね。

大変なことについて少し触れますと、まずは食事です。メンバーの中には、ベジタリアンやポークの食べられない方、アレルギー持ちの方などいて、食事には気を使います。ただ、それでもそれぞれ日本の食を楽しんでくれていたようで、この辺、日本の食の幅広さ奥深さを感じます。次に、東京築地市場ありつつの六本木夜遊びというハードなスケジュール。もちろんこの大変さ含めてみんなでわいわいと騒ぎながらのTripはとても良い思い出です。

具体的な話で築地について少し触れたいと思います。築地のマグロの競りは外国人観光客にもの凄い人気を誇っています。朝5時からで、入場制限は120人(60人+60人と二つのグループに)で、ほぼ毎回いっぱいとなり、僕らの行った日も5時前に当然締め切りになっていたようです。私は3時半に起きて、4時過ぎには築地についたところ、5人くらいしかまだ来ておらず、無事参加することができました。ただ、いくつかのMBAスクール(MIT, UCLA, Berkeley)が重なった日もあったようで、その時は参加できなかった人が多数だったようです。朝早く起きて参加できず、、、悲惨ですね。マグロの競りの後は、市場内で私のお気に入りの寿司屋大和に行ったのですが、みんながみんな感動していました。何人かは次の日の朝や日本発つ前にまた来るといって実際にまた行ったようです。なんだかこういうのはとっても嬉しかったりします。シカゴでも寿司は食べられますが、やはりあの新鮮でとろけるような大トロの上手さをリーズナブルに食べられるのはここ築地だけだと思います。私自身もとても行けて本当に良かったです。

とまー、自分自身も楽しみながらのJapan Tripを終えて、書くことはいくらでもあるのですが、今回はこの辺で。きっとまた他のTrip Leaderがこれ以外の部分についても触れるかなということで、タイトルを「Booth Japan Trip 2012 を終えて(1)」としておきたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

Chicago Booth 日本人在校生一同

Author:Chicago Booth 日本人在校生一同
The University of Chicago Booth School of Business (Chicago Booth)MBAプログラムの日本人在校生によるブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
Chicago Boothの日本人在校生との面会をご希望の方は、こちらのフォームからお申込みください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。