スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交換留学生の感想①

こんにちは、東京の大学のMBAプログラムに所属し、この学期Chicago Boothに交換留学生として派遣されているynと申します。Chicago Booth(以下Booth)は世界中のMBAスクールと交換留学制度を取り結んでいて、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、南米、オセアニア等からの学生がここに学びに来ています。私は50名程のユニークで優秀な交換留学の仲間と一緒になりました。
ここでは私が所属している東京の大学とBoothとの授業の違いについて私の感想を述べさせていただくことで、今後皆さんの学校選択の参考等にしていただければと思います。

交換留学生の為の特別な授業というものはなく、授業の選択、評価等、正規の学生と同じです。全日制の授業も週末、夜間MBAの授業も選択することができます。授業に出席していて自分が交換留学生だと意識することはあまりありません。Booth自体、世界中から学生が集まってきているので、そういった違和感がないのかと思います。
私が所属している東京のMBAプログラムと比較すると、まずシラバスがきっちりとしています、文字数が多いのです。およそ10週間の学期の間に何を学ぶのか、どんな準備が必要なのかといったことについて一回毎、きめ細やかに書かれています。その通りに進んでいきます。したがって今自分が授業全体の流れの中でどこにいるのかということがつかみ易いです。
また、研究、宿題など3-4人のグループを単位として学習していくことが多いです。まじめでやる気の学生が多く、というか、力を抜いてグループにぶら下がるということは許されないので、そのための準備、意見交換、小さなプライドをかけて頑張る、、、これがきついのです。うまい仕組みだと思います。
授業は教授が一方的に話すというものではなく、学生が積極的に参加していきます。教える側が様々に工夫をして、興味深い話を織り交ぜたりしながら楽しめる授業をつくっている感じです。教える側と教わる側の垣根は日本の学校よりも低く感じます。国籍、教育、ビジネスといった出身背景が違うため学生から広い範囲の質問が出ます。教授はそれらに丁寧に応じてくれます。時には学生が答えることもあります。この活気のある雰囲気が日本のMBAにもあればいいのになあと思うところです。
授業時間は3時間と長いです(私の東京の学校は1時間半なので)しかし、一旦始まってしまえばすぐに終わってしまう感じです。寝ている人はいません。飽きさせない3時間の授業を準備することは教授にとって大変な負荷だと思います。Boothで教える立場になるということの厳しさも垣間見えます。
あと、最後に付け加えれば、修士論文がありません(仲間の交換留学生に聞くと、修論がないところが多いようです。日本が変わっているのかも)東京に帰れば私には最後の試練としてこれが待っているので、修論がないのはうらやましいです。

以上、ynでした。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chicago Booth 日本人在校生一同

Author:Chicago Booth 日本人在校生一同
The University of Chicago Booth School of Business (Chicago Booth)MBAプログラムの日本人在校生によるブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
Chicago Boothの日本人在校生との面会をご希望の方は、こちらのフォームからお申込みください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。