スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why MBAと現実に関する差異分析

1年生(新2年生)のWです。ちょうどシカゴに来てから1年が経ちました。今回は自分にとっての「Why MBA」とこの1年で経験した「現実」がどの程度合致していたか、裏を返せばこの二つの間にどの程度のギャップがあったのかについて書いてみようかと思います。実際に出願エッセイに書いた書かないは別として、また何となくこれもしてみたいなというのも含めて私は以下のような理由でMBAを志しました。

1. General Management、及び上級レベルのFinanceを学びたかった
2. 仕事のプレゼン、ミーティングで使えるくらいの英語力を身につけたかった
3. (ただ漠然と)グローバルな組織でも通用するリーダーシップ・スキルを身につけたかった
4. 世界、特にアメリカにはどの程度優秀な人間がいて、自分がその中でどの程度のレベルか感じてみたかった
5. ネットワークを広げたかった
6. 全速力で仕事をしてきた分、少しだけ休みたかった

なお、私は社費留学であり、以上のWhy MBAも派遣元の会社に残って貢献するという前提で書かれています。ただ、仮に派遣元をクビになった場合でも、MBAがあれば再就職先も見つけやすいだろうからMBAをとっておけば安心という思いもありました。さて、1年間経ってみての期待値と現実のギャップは以下のような感じです。

1. General Management、及び上級レベルのFinanceを学びたかった
→期待値を上回り大満足!
私はこれまで金融機関で株式アナリスト(ファンダメンタルズ分析)として約5年、経営企画で約2年半のキャリアを積んできました。卒業後まずはファンド・マネージャーとして仕事をしたいと思っていたので幅広いプロダクトのヘッジファンドの運用をできるくらいのFinanceの知識と、長期的には派遣元の経営陣の一員としてグローバルなビジネス展開を推進したいと思っていたことからGeneral Managementに関する勉強をしたいと考えていました。
学びという意味では、この1年間大変満足しており私の期待値を大きく上回りました。特にFinanceについては、このブログの過去の記事にもあるようにレベルの高い科目を一年生のうちから受講できるため大変満足しています。一方で、Boothでは好きな科目ばかり取れてしまうので、興味のあるFinance、Econometrics、Statistics系の科目ばかり取ってしまい、正直それほど興味があるわけではないGeneral Managementの科目はほとんど受講しないまま1年生が終わったのが反省点です。

2. 仕事のプレゼン、ミーティングで使えるくらいの英語力を身につけたかった
→まったくダメ。もっとインテンシブかつ継続的な努力が必要。。。
私はいわゆる純ドメであり、派遣元の会社が大きくグローバル展開に舵を切る中で高いレベルの英語力がないと生き残れない、面白い仕事をさせてもらえないという思いがありました。この1年間、英語に囲まれて生活してきたため、少しは英語力が上がった気がするものの、全く仕事で使えるレベルとは言えないし、英語で映画やドラマを観ていてもまだまだ十分に聞き取れるわけではない、というレベルです。授業やスタディ・グループでも英語での聞き取りと発話ではどうしても日本語に比べて反射速度が遅れるため、英語で測った自分の戦闘能力はかなり低いなと思うこともしばしばです。当たり前ですがMBAに来たからといって英語力が爆発的に向上するわけでは決してなく卒業後も含めて根気強く取り組む必要があるのだなと感じています。

3. (ただ漠然と)グローバルな組織でも通用するリーダーシップ・スキルを身につけたかった
→???
BoothにはLEADというリーダーシップに関する科目があり、その中でConflict Management、Self-Awareness、Presentation、Active Listeningなどなどについて様々なアクティビティやディスカッションを通して学びます。ただ、リーダーシップ・スキルというソフト・スキルは、ハード・スキルと違ってふわふわしていて掴みどころのないものですし、短期間で身につくものでもないと思うので、現状、自信を持って何かを身に付けた!とは言えない感じです。
一方で、さまざまな国籍から構成され、多種多様な個性を持つ同級生と組む各種授業のスタディ・グループにおいて、どのようにプロジェクトを進めていけばよいかということを学べたのはとても有益だと感じています。このような経験を細かく積み重ねていくことで、将来的に多様性に富んだ組織でも仕事していける力が少しは身につくのかなと期待しているところです。


ちょっと長くなったので、とりあえず続きはまた次回のブログで書こうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chicago Booth 日本人在校生一同

Author:Chicago Booth 日本人在校生一同
The University of Chicago Booth School of Business (Chicago Booth)MBAプログラムの日本人在校生によるブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
Chicago Boothの日本人在校生との面会をご希望の方は、こちらのフォームからお申込みください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。