スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Boothに対するよくある誤解

新2年生のWです。

 過去一年間を通じて、そしてこの夏休み中も、Boothに興味を持ってくださるたくさんのアプリカントの方々と話す機会に恵まれました。アプリカントの方々とお話しする中で、アプリカントが持っているBooth、ひいてはMBAに対するイメージと、実際に自分が経験したBoothでの生活にはギャップがあるなぁと感じることもしばしばなので、今日は(あくまで個人的に感じている)その辺の誤解を解いてみようかと思います。


誤解:「シカゴ(Booth)ってファイナンス・スクールだよね!」
→Boothがファイナンスに強いのは厳然たる事実。しかし、アントレ、マーケティングにも強いバランスのとれたプログラムであろう。

 この誤解は根強いと思います。この件については、当ブログの2011年5月10日付の記事「ChicagoはFinance Schoolか?」に詳細がありますので、是非、当該記事をお読みいただければと思います。Boothがファイナンス以外にも各種の強みを持つ魅力的なプログラムであるというのはほとんどの学生にとっての共通認識だと私は勝手に思っています。


誤解:「シカゴって治安が悪そうで心配。”The Untouchables”の街だし・・・」
→普通に学生生活を送るにあたって治安の悪さを感じることはまずない。シカゴは、手頃な値段で都会の生活を楽しむという意味では全米の中でもかなり良い街ではないかと感じる。

 私もシカゴに来る前は、シカゴは治安の悪い街だという先入観があり、両親からもシカゴで生活するのなんて大丈夫かと心配されました。しかし、実際に一年間暮らしてみると、普通に学生生活(通学や夜のダウンタウンでのパーティー等々)を送る分には治安の悪さはまず感じません。むしろ、シカゴは東京やNYよりも安い価格でダウンタウンに住むことができ、そしてダウンタウンではアメリカの郊外で暮らすと経験できないような都会の生活を楽しめるという点で、学生だけでなくパートナーの方々にとっても暮らしやすい街だと思います。
 シカゴは、NYやLAと違って日本人にとっては良く知られていないだけに、不当にディスカウントされてしまう残念な街だと思います。しかし、実際に暮らしてみると想像を遥かに上回るとても良い街です。


誤解:「ハードコアな金融出身者にとってはMBAのファイナンス・会計の授業から学ぶものってほとんどないらしいね」
→Boothでは一年目からかなり難しい上級科目も取れるので心配無用。個人的には同級生からの学びも想像以上に大きいと感じる。

 金融機関でバンカー、リサーチ、トレーダー等々をやっていた方はたまにこの種の誤解を持っていることがあります。少なくともBoothでは、1年生のうちからPhDレベルのかなり難解な授業を履修することができますし、有名なFama教授から論文の指導を受けられる授業も履修できたりするので、相当ハイレベルな知識と実務経験を持っているのでない限りは、学ぶ内容が簡単すぎると感じることはまずないと思います。また、これはどこのMBAプログラムでもそうだと思いますが、ケース系の授業では決まった答えのない問題(例:M&Aをする場合にどのような手法でいくら資金調達するか?、適切な株主還元策は?)について、授業、スタディ・グループで徹底的に考え、議論します。このような中で、様々なバックグラウンドを持つクラスメイトから、多様な考え方を学ぶことはとても有意義です。

 一方で、上に書いたことと若干齟齬があるように聞こえるやもしれませんが、MBAとはあくまでBusiness Administration について学ぶプログラムです。(Boothでは学ぶことができるものの、)あまりに難しいファイナンスの知識を習得することは、MBA本来の目的とはかけ離れるようにも思われます。PhDレベルの高度なファイナンスの講義に興味があってBoothを志している方は、MBAではなくファイナンスのPhDという選択肢ももしかしたら一考に値するかもしれません。


「MBAって、1年生のときは忙しくて、2年生になったら遊び放題?」
→Boothは、1年生も2年生もプログラム自体の負担は同程度か。本人のやる気次第で楽にもできるし、きつくもできる。

 1年生で10科目、2年生で10科目という、ベーシックな履修スタイルにすれば1年生でも2年生でもプログラムの負荷は同程度です。むしろ2年生では、よりレベルの高い科目に挑戦する学生も増えると思うので、全体的には2年生の方がプログラムの負担が大きくなる学生の方が多いかもしれません。過去のブログにも何度も書かれていることですが、Boothのウリはそのフレキシブルなプログラムにあります。そしてフレキシビリティを活用して楽をするも、激しく勉強するのも自分次第なので、2年生で簡単な科目ばかりを履修すればとても楽できるかもしれません。


「MBAを通じて、英語力が劇的に伸びる!」
→多少は伸びるが、意識的に努力しない限り劇的に伸びることはない。2011年8月10日付のブログも参照されたい。



 私がBoothにアプライしたときも、少しだけ、以上のような誤解を持っていました。このような誤解を避けるためにも、またよりよく学校を知るために在校生、(and/or)卒業生に話を聞いてみる、まとまった時間が取れそうなら是非キャンパス・ビジットをしてみることをお勧めします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chicago Booth 日本人在校生一同

Author:Chicago Booth 日本人在校生一同
The University of Chicago Booth School of Business (Chicago Booth)MBAプログラムの日本人在校生によるブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ
Chicago Boothの日本人在校生との面会をご希望の方は、こちらのフォームからお申込みください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。